現実☆逃避行 -Don't think.FEEL-

海外仕様に変更されたゲームの日本版と比較したレビューなんかを中心に書いてます

[PC] かまいたちの夜 輪廻彩声

PC 「かまいたちの夜 輪廻彩声」のプレイ感想

年始に何となくGBA版「かまいたちの夜 ADVANCE」をプレイしたらこれが結構ハマって、そういえば普通の移植ではなく悪い意味で話題になったリメイク版「かまいたちの夜 輪廻彩声」が発売されてた事をふと思い出した。

未プレイで気にはなっていたものの評価が散々なのは知っていたし、据え置きハードで発売されていればやったかもしれないのにと思って調べてみたら、Vita版のほぼ一年後にPC版が発売されている事が分かったのでPC版をプレイした。

ただ、本当に世間の評価通りでどうやればこうも改悪できるんだろうというのがプレイしての率直な感想で、Vita版発表のときに散々言われてたが特にキャラデザインが本当に酷い、
今日子や春子なんて中年通り越して老婆にしか見えないし、女キャラはみんな目玉お化けの所謂萌え絵で透を除く男キャラとの見た目のバランスも可笑しい。

Vita版ではアイドルソングのようだったOPが新規のものに差し替えられているが、こっちはこっちでまるでボーカロイドのようでやはり雰囲気も何もあったもんではない蛇足となっている。

PS Vita版

PC版


  1. 2019/01/10(木) 20:37:56|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] ドラゴンボール改 アルティメット武闘伝

NDS 「ドラゴンボール改 アルティメット武闘伝」のプレイ感想

一言で言えばディンプス版「ドラゴンボールZ」シリーズをベースにしてDSに移植したといった感じの内容となっている。
ただし開発メーカーは「ドラゴンボールDS」のところなので実際は別物なのだが究極技の演出やそれに対する攻防がミニゲームなところなどがほぼそのまま再現されている。

ストーリーは良くも悪くも定番のサイヤ人来襲から魔人ブウを倒すところまでのほかIFストーリーも収録されているので携帯機でありながらボリューム、キャラ数はかなりあるがこれならタイトルが「改」である必要がなくあえてそうしたのはアニメ版に合わせて視聴者層にアピールしたいだけという大人の事情が伺える。

ただキャラ数が多いといっても実際はサイヤ人に関しては通常状態、スーパーサイヤ人状態が全て別カウントなので一人として考えると人数は少なくなる。
サイヤ人側は別枠扱いとはいえ形態が複数用意されているのに対し敵側のフリーザ、セルは最終形態のみとなっていて中途半端だが一応フリーザに関してはアナザーカラーの一つに第一形態が用意されているので雰囲気だけは再現されストーリーモードの中ではこの状態で第一形態だった部分が代替されている。


チャレンジモードで楽にSランクを取る方法
・17号 or 18号が使用できるようにストーリーモードをクリアしておく。
・デフォルトでも問題ないが少しでも有利にしたい場合はカスタマイズで攻撃力や体力アップのワードを装備しておく。
・戦闘が始まったらあとは∞(インフィニティ)バレットを撃つだけ。ただしやみくもに撃ってもガード&弾きかえされるので距離を空けCOMが追いかけてくるところを狙う方法がよい。
・ストーリーモードは2週目から任意のキャラで戦えるようになるのでこの方法を使えばストーリーモードでも楽にSランクを取ることが可能。

  1. 2011/02/04(金) 21:06:07|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] 探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶

NDS 「探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶」のプレイ感想

今作に限った問題点ではないが推理時の選択肢の意味がなく間違えてもペナルティもなくやり直せるのはいい加減どうかと思う。
一応メインストーリーの「赤い蝶」においては何ヶ所か自力で考えないと進めない謎解きがあるが所詮DS向けのため難易度は低い。






全パスワード掲載※[一部データはそれぞれのストーリーをクリアしないと閲覧不可]※
見たい人は続きからどうぞ

[[DS] 探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶]の続きを読む
  1. 2010/10/05(火) 15:41:07|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] 「超」怖い話DS 青の章

NDS 「「超」怖い話DS 青の章」のプレイ感想

ゲーム自体は選択肢などはなく純粋に文章を読むだけなのでゲーム性に文句を言うつもりはないが他の部分でも何も褒めるべき点が見当たらないのは酷いとしか言いようが無い

以下個人的に駄目な点
・ビジュアルが何を勘違いしたかオシャレなイラストで怖さは皆無
・BGMも特に恐怖を煽るような曲調のものはなく印象にも残らないようなものばかり
・台詞部分は声優により音声化されているがどのキャラもアニメ寄りの声質のため雰囲気に合っていない
・公式サイトで告知されているとおりシナリオ数は63で全シナリオを読破しても隠しシナリオのようなものも出現しない
・シナリオ自体もどこかで見たようなレベルのものばかりでさらに一切怖くも無い
など

  1. 2010/08/13(金) 19:24:00|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] ゴーストトリック

NDS 「ゴーストトリック」のプレイ感想

対象年齢が12歳以上という事もあり謎解き自体は特に難しいところは無くすんなりクリア出来るもののストーリーの真相を理解するとなるともう少し上の年齢でないと完全には理解できないんじゃないかと思えたのとあきらかに次回作をにおわせて終わったのが残念な点であるが総じて出来はいいので買って損は無いゲームとなっている。

  1. 2010/07/15(木) 06:26:01|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[PS2] Sakura Wars: So Long, My Love

PS2 「Sakura Wars: So Long, My Love (サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~)」北米版のプレイ感想
Release Date:Mar 30, 2010
561890_124771_front_20100411204138.jpg Apr11_194809.jpg
Premium Packの「English Voice Over (英語音声)」と「Japanese Voice Over (日本語音声)」ディスクそれぞれのレビュー

-Disc 1 English Voice Over-
音声は英語化されているが歌の部分に関しては挿入歌も含め日本語のままでオープニングは英語でテロップが出るがエンディングはノンテロップとなっている。
英語化で一部キャラクター名の変更
・サジータ・ワインバーグ → Cheiron Archer
・リカリッタ・アリエス → Rosarita "Rosita" Aries
・プラム・スパニエル → Cherry Cocker
など
新次郎も基本的に「Shinjiro」と名前で呼ばれず「Shin」、「Shiny」と愛称で呼ばれるように変更されている。

テキストは英語のゲームでは標準的な文字サイズだが元の日本版と比較すると翻訳の文字数などの違いによるため仕方ないとはいえかなり小さく読み辛くなっている。
Apr11_194921.jpg
英語化されているものの口パク部分が日本版のままでタイミングが修正されていないため通常のアドベンチャーパートの会話シーンで音声が有る場合ほとんど合っていない(口は閉じているのに音声のみ流れる)という手抜きがある。

-Disc 2 Japanese Voice Over-
「English Voice Over」の音声が日本語になっているだけでテキスト部分のキャラクター名などは日本版基準に修正されていないので音声とテキストでキャラクター名や呼び方が異なっている。
音声は日本語なのでムービー部分は英語テロップが出るが上記同様英語音声を字幕化したもののため違和感がある。
Apr11_194902.jpg
ちなみにセーブデータはそれぞれのディスクで別扱いのため両バージョンでコンプリートしようとすると膨大な労力を要する事になる。

日本版

Play-Asia.comで北米版を買う
Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!
  1. 2010/04/11(日) 22:57:31|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] クレヨンしんちゃん おバカ大忍伝 すすめ!カスカベ忍者隊!

NDS 「クレヨンしんちゃん おバカ大忍伝 すすめ!カスカベ忍者隊!」のプレイ感想

相変わらず子供向けのためキャラクターはよく喋りアニメ版の雰囲気はよく出ているがアクションゲームとして見ると難易度は低くボリュームもなさすぎでステージ数は47都道府県+αあるが1ステージが短くゲームクリアだけなら2時間ほどで可能となっている。
ただこれは会話シーンを含めてないので実際のトータルプレイタイムはもう少し長くなる。

前作までのしんのすけがコスプレやお助けキャラでこなしていた部分は今作からプレイヤーキャラとなった風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんのアクションと忍法で代替されている。

ボスステージを除いた各ステージにコレクションアイテムが2個ずつ(難易度かんたんの場合)配置されているがそのほとんどが1度目には回収できない場所に配置されていて必然的に最低2回は同じステージをプレイするはめになる。
その理由は2度目以降でないと
・使えるキャラが固定されていてコレクションアイテムの有る場所に行けるアクションや忍法を持っていない
・コレクションアイテムの有る場所に行く足場が出現していない
・コレクションアイテムをくれるキャラが出現しない
など
この仕様のため最初に書いたプレイ時間の問題はコレクションアイテムを全て集めるという目標を持てばある程度解消されることになる。

  1. 2010/03/27(土) 17:06:04|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊

NDS 「ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊」のプレイ感想

ゲーム開始直後の会話シーンがひらがなだらけでお子様向けかとナメてたが一周クリアするだけでもかなりのボリュームがあったのにはおどろいた。
戦闘難易度は従来の「テイルズ」シリーズ同様オプションで変更できクリア後にさらに高難易度も追加されるので問題なし。

重要な会話シーンは音声付で喋るのになぜかアニメーションは一切ない(オープニング、エンディングも含む)などキャラゲーとして考えると微妙な点があったり一応ストーリー設定で説明がつくとはいえ敵モンスターのほとんどが普通に「テイルズ」シリーズと変わらないデザインなのはもう少し何とかしてほしい点ではある。

  1. 2010/03/12(金) 22:49:57|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[PS2] GUNBIRD SPECIAL EDITION

PS2 「GUNBIRD SPECIAL EDITION (ガンバード 1&2)」欧州版のプレイ感想
Release Date:Mar 18, 2005
919628_63125_front_20100111213211.jpg Gunbirdsp.jpg
「Gunbird (ガンバード)」はPS版のように変なアレンジがされることもなくテキストがローカライズ(起動時に英、仏、独の言語から選択可能)されたくらいで日本版との違いが無くきちんと移植されている。

日本版であきらかに手抜きだった「Gunbird (ガンバード)」のオープニングが画質の悪いムービー収録でBGM無しというのは改善されていないが画面サイズノーマルでプレイした時の左右が黒一色だった背景部分に画像が追加されて多少見栄えがするようになっている。
ただ、どのキャラクターを使用しても表示される画像は1、2共に「マリオン」だけで消す事は出来ないので逆に目障りに感じる人もいるだろう。

左:Gunbird 右:Gunbird 2
Gunbird1+2.jpg

日本版
  1. 2010/01/11(月) 22:06:49|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] WOMEN'S MURDER CLUB: Games of Passion

NDS 「WOMEN'S MURDER CLUB: Games of Passion」北米版のプレイ感想
Release Date:Sep 22, 2009
960546_125521_front.jpg
ジャンルはアドベンチャーゲームで同名の小説やドラマをベースにゲーム化していてプレイヤーは「Lindsay Boxer」となって事件を解決していく。

ストーリーはドラマを見ているように引き込まれるしグラフィックも日本のゲームにありがちなアニメチックな絵柄じゃないのも個人的にはよかったがゲームとして考えると正直どうしようもない出来としか言えない。

捜査パート
左画面に何々を探せと言った感じで最初から見つけるべき答えが提示されていてそれを探すだけなので特に考える必要もなく進めてしまう。
たまに微妙に背景に溶け込んだりして若干見つけづらいものもあるが基本的にはパッと見で直ぐに目に付くものがほとんどなので詰まる事はない。一応、詰まった時のために場所を教えてくれるコマンドもある。

聞き込み・推理パート
質問に対して正しい答えを提示していくが間違えてもペナルティ等もなくやり直せるので極端な話順番に選んでいればいずれ正解になる。

証拠鑑定パート
単純なミニゲームを数種類こなすが適当にやってもクリアできる。

ただストーリー終盤の謎解きに唯一頭を使うパズルがありコレは人によっては多少難易度が上がるかもしれない。
内容は絵が描かれた9つのブロックを回転したりスライドさせたりして揃えるものでルービックキューブの1面だけ完成させるような感じ。

E309: Debut Trailer

Women's Murder Club: Games of Passion


北米版

Play-Asia.comで北米版を買う
Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!
  1. 2009/12/02(水) 19:45:10|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] CSI: DEADLY INTENT - THE HIDDEN CASES

NDS 「CSI: DEADLY INTENT - THE HIDDEN CASES」北米版のプレイ感想
Release Date:Oct 27, 2009
961516_127445_front.jpg
「CSI」が題材なので想像がつくと思うがジャンルはアドベンチャーゲームとなっている。
DSの他Wii、Xbox360、PCと発売されているがDS版は他ハードと内容が異なりグラフィックもアメコミ調のイラストに変更されている。

パッケージ画像からも分かるとおりアメリカでの最新シーズンに合わせてあるため登場人物は日本で放映されている最新シーズンとは多少顔ぶれが異なっている。

DSならではのタッチペン、マイクに息の吹き込みなどを使った操作もあるが難易度は誰でもクリアできるほど簡単になっている。

調査パート
現場に表示されるものの中から証拠につながるものを探すが探すべき場所にカーソルを持っていくとポインタの色が変わるため特に考える必要もなく進めてしまう。

尋問パート
正しい証拠品を相手に順番に数回突きつけていくが間違えても3度まではやり直しが可能でもしそれ以上間違えてもゲームオーバーなどにはならず最初の証拠品から選択し直しができる。

そのほか証拠品の鑑定、モンタージュ作成などもあるがこれらも間違えてもやり直しが可能。
ただシナリオクリア時の評価が下がるので一応間違えたり無駄なコマンドを選ばない方が好ましい。

このように難易度が低い上シナリオも全4話で1話あたり1時間程でクリアできるためボリュームは少ないがストーリーのほうは別々の事件だと思わせておいて実は・・・というドラマっぽい展開なのでそれなりに楽しめる内容となっている。

北米版

Play-Asia.comで北米版を買う
Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!
  1. 2009/11/20(金) 21:03:50|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] 金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海

NDS 「金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海」のプレイ感想

個人的に発売前はかなり期待していただけにプレイしての残念な出来にがっかりした。
これは褒めるべき点が見当たらないな。

それでも強いて挙げるなら声優がアニメ版と同じな事くらいかな。(喋るのははじめと美雪だけでセリフの量も多くないが)

以下ダメな点
ストーリーが短い。(4時間未満でクリア可能)
小学生くらいを対象にしたような低難易度の謎解き。(一応推理パートは「逆転裁判」シリーズの法廷パートのように間違えるとペナルティがありメーターがゼロになるとタイトル画面に戻されるが普通にプレイすれば間違えようがない)
BGMパターンの少なさ。(本来緊張感のあるはずの場面でも専用のBGMなどが特になく通常のBGMを使いまわすため雰囲気にあっていない事が多々ある)
操作性が悪い。(微妙にもっさりしていてタッチペンの反応がよくないため後半のとある箇所の探索とそこで平行してやらなければいけないミニゲームがやりづらい)
続編を作るつもりなのか結末が消化不良。

  1. 2009/10/02(金) 20:42:54|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DS] スローンとマクヘールの謎の物語2

NDS 「スローンとマクヘールの謎の物語2」のプレイ感想

今日発売なのでまだ数十問解いただけだけど良くも悪くも前作とほとんど同じだな。
問題を見ただけで答えがすぐ分かり質問するまでもないものや根本の答えが分かっていても質問で導きだしておかないと絶対分からない情報を答えに含めてるパターンもそのまま。

まあ、値段も安いし前作が面白かった人は今回も買って損はないかなと思う。

  1. 2009/09/03(木) 23:07:50|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[PS2] SAMURAI SHODOWN ANTHOLOGY

PS2 「SAMURAI SHODOWN ANTHOLOGY(サムライスピリッツ 六番勝負)」北米版のプレイ感想
Release Date:Mar 24, 2009
943395_96308_front.jpg samsho_1.jpg
以前の記事で書いているように隠し要素で「Samurai Shodown V Special(サムライスピリッツ零SPECIAL)」収録なんて事はなくいつもどおりの日本版からネット対戦を削除したローカライズとなっている。

多分最初は海外先行のコレクションシリーズ(Metal Slug Anthology、SNK Arcade Classics Vol. 1、The King of Fighters Collection: The Orochi Saga)を移植してるとこに担当(実際、未だ日本版の明確な発売予定日が決まらないPSP版はメニュー項目、読み込み画面の工夫等がほぼ「The Orochi Saga」と同じなため間違いないだろう)させてたがまともな移植(PSP版は移植度がかなり酷い)が出来なくて先行発売していた日本版のローカライズに切り替えたってとこかな。
samsho_2.jpg
ネット対戦ができないため今までのオンコレの海外版は時計部分も削除されていたが今回はなぜか残っているので手抜きローカライズのくせに削除し忘れたようだ。

初代からV(零)はネオジオ版の移植と考えると少し仕様変更がされていてバイオレンスレベルは最高に設定で血の色は赤、切断フィニッシュあり、断末奥義可能と日本版同様になっている。(MVSやデバッグバイオスなら海外リージョンでも設定で変更可能だがネオジオの場合バイオレンスレベルが低めで固定)
samsho_3.jpg
ただ「Samurai Shodown V(サムライスピリッツ零)」は言語設定が日本語以外だとストーリーデモ、個別エンディングがなくなる仕様だが北米版は当然英語のため両方なしとなるのでこの辺は改善してほしかった。
確かにネオジオの移植と考えると忠実だが北米、欧州版XBOXや欧州版PS2「Samurai Shodown V」は日本の単品移植の「サムライスピリッツ零」をローカライズしたものでストーリーデモ、個別エンディングとも移植されていたのでこれを収録するくらい出来なかったのかと思う。

「Samurai Shodown VI(サムライスピリッツ 天下一剣客伝)」は特に日本版と変わらず隠し要素フルオープン、キャラボイスもオリジナル、アレンジの2種類収録、ナレーションも英語、日本語の切り替え可能だが日本語でもタイトルコールは「サムライショーダウン(日本語イントネーション)」となる。

日本版

Play-Asia.comで北米版を買う
Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!
  1. 2009/08/12(水) 00:49:46|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[PS2] THE KING OF FIGHTERS 2002

PS2 「THE KING OF FIGHTERS 2002(ザ・キング・オブ・ファイターズ2002)」北米版のプレイ感想
Release Date:Feb 8, 2005
920445_60708_front_20090806214909.jpg ps2_kof2k2_us_op.jpg
北米版は「The King of Fighters 2003」とのカップリングで単品での販売はされていないが「2002」のみのレビュー。
ps2_kof2k2_us_1.jpg
ベースは日本の通常版でベスト版のステージセレクトの表示仕様変更などは反映されていないがさすがにボタン入れ替わり、追加キャラのふっとばしダメージなしなどの不具合は修正されているので対戦のキャラ選択を考慮する必要がなくなっている。
ps2_kof2k2_us_2.jpg

日本版

Play-Asia.comで北米版を買う
Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!
  1. 2009/08/06(木) 22:49:05|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
| ホーム | 次のページ

カウンター

現在の閲覧者数:

現在の時間

Since 2006.06.14

プロフィール

N@oki ♂

Author:N@oki ♂

カテゴリー

ブログ内検索

Amazon サーチボックス

おすすめゲーム

おすすめ書籍

おすすめDVD/Blu-ray

おすすめ総合

楽天市場 検索窓

楽天で探す
楽天市場

楽天売れ筋ランキング

PLAY-ASIA.COM

日本、北米、韓国、アジア版購入可能

Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!

↑ PLAY-ASIA.COM内検索 ↑

Vita 新作

PSP 新作

PS4 新作

PS3 新作

3DS 新作

DS 新作

NS 新作

Wii U 新作

Wii 新作

XBOX One 新作

XBOX360 新作

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

過去ログ +

2019年 11月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【3件】
2018年 06月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 07月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【8件】
2010年 09月 【9件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【17件】
2010年 01月 【10件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【21件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【13件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【9件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【34件】
2008年 01月 【21件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【14件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【20件】
2007年 05月 【15件】
2007年 04月 【12件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【23件】
2006年 10月 【33件】
2006年 09月 【43件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【35件】
2006年 06月 【22件】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 アクセスランキング

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へblog Ranking

RSSフィード