現実☆逃避行 -Don't think.FEEL-

海外仕様に変更されたゲームの日本版と比較したレビューなんかを中心に書いてます

[GBA] DRAGON BALL Z Collectible Card Game

GBA 「DRAGON BALL Z Collectible Card Game」
Release Date:May 29, 2002
dragonb.jpg

ゲームボーイでもカードバトルのゲームは出ていたがこちらは本格的に作られている。
20060930144157.jpg

さすがにアクションゲームなどと違ってルールを理解した上でプレイする必要があるので英語の理解力がないと説明も読めずゲームとして成立しなくなる。
20060930144221.jpg

北米版
関連記事
  1. 2006/09/30(土) 14:51:39|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] PHANTASY STAR COLLECTION

GBA 「PHANTASY STAR COLLECTION」
Release Date:Nov 24, 2002
785138321271F.jpg

日本ではサターンで「ファンタシースター」4作品が収録されたソフトが発売されていたが海外ではゲームボーイアドバンスで発売されている。
しかし収録内容は異なりファンタシースター~IIIまでが収録されている。
20060929142705.jpg

容量的には問題ない筈だがストーリー的に「I」・「II」に直接関係する「PHANTASY STAR IV: The End of the Millennium(ファンタシースター 千年紀の終りに)」が収録されていないのは理解に苦しむ。
20060929142720.jpg

「PHANTASY STAR」
ファミコンミニ以外のファミコン移植版のゲームボーイアドバンスのゲームのように常に画面がブレていて非常に見辛くなっている。
20060929142729.jpg

「PHANTASY STAR II」
BGMなどは多少問題あるがほぼ完璧に移植されている。
20060929142738.jpg

「PHANTASY STAR III: Generations of Doom」
こちらもBGM以外はほぼ完璧に移植されている。
20060929142747.jpg

SEGAは他にも日本未発売でゲームボーイアドバンスへの移植・リメイクのゲームが多数あるのでできるだけ日本でも発売してもらいたいと思う。

北米版
関連記事
  1. 2006/09/29(金) 14:58:39|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] CLASSIC NES SERIES: METROID

GBA 「ファミコンミニ 23 メトロイド」の海外版「CLASSIC NES SERIES: METROID」
Release Date:Oct 25, 2004
921926_front.jpg

海外ではディスクシステムが発売されなかったので日本と同じタイトルはロムで発売されていたが読み込みがない変わりFM音源が使えないためBGMがショボくなっていた。

なので当然、当時のロムを再現している「CLASSIC NES SERIES METROID」は「ファミコンミニ 23 メトロイド」に比べ明らかにBGMは劣っている。
20060929133950.jpg

オリジナルはパスワードコンテニューだったがさすがにセーブできるようになったのでわざわざメモる必要はなくなっている。
20060929133959.jpg 20060929134005.jpg

日本版

海外版
関連記事
  1. 2006/09/29(金) 14:03:33|
  2. Game -GBA-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] CLASSIC NES SERIES: ZELDA II The Adventure of LINK

GBA 「ファミコンミニ 25 リンクの冒険」の海外版「CLASSIC NES SERIES: ZELDA II The Adventure of LINK」
Release Date:Oct 25, 2004
cnzelda2.jpg

海外でも「ファミコンミニ」のように何本かのNESのソフトが「CLASSIC NES」としてゲームボーイアドバンスで発売されているがゼルダシリーズの人気を考えれば当然だが日本版同様に海外でも復刻されている。
20060929052604.jpg

「リンクの冒険」は日本版と海外版ではレベルアップのシステムなど内容に違いがあるので隠し要素などで両方が収録されていてもよかったと思う。
20060929052611.jpg

日本版

北米版
関連記事
  1. 2006/09/29(金) 05:37:57|
  2. Game -GBA-
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

[GBA] DRAGON BALL Z: SUPERSONIC Warriors

GBA 「ドラゴンボールZ 舞空闘劇」の海外版「DRAGON BALL Z: SUPERSONIC Warriors」
Release Date:Jun 22, 2004
919603_54069_front.jpg

オープニングのBGMは日本版と別のものに差し替えられキャラクターボイスも英語で吹き替えがされている。
20060929050554.jpg 20060929050601.jpg 20060929050610.jpg

韓国版も発売されいるがオープニングBGM・キャラクターボイスは日本版のままで字幕のみハングル化されている。
20060929050645.jpg 20060929050652.jpg 20060929050701.jpg

日本版
関連記事
  1. 2006/09/29(金) 05:19:41|
  2. Game -GBA-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] River City Ransom EX

GBA 「ダウンタウン熱血物語ex」の海外版「River City Ransom EX」
Release Date:May 25, 2004
915026_47620_front.jpg

海外でもくにおくんシリーズはタイトル名などは変更されているが殆ど発売されている。
20060928205110.jpg

日本版同様にNES(ファミコン)でも発売されていてNES版は日本版からグラフィックが変更されていた。
今回のGBA版は何故かハード性能が上にもかかわらず手抜きなのかキャラクター・背景共に日本版と同じになっている。

そのため見た目が日本版のままでAlex(くにお)・Ryan(りき)のようにキャラクター名のみアメリカンナイズされているためかなりの違和感がある。
20060928205124.jpg 20060928205131.jpg

日本版

北米版
関連記事
  1. 2006/09/28(木) 21:04:06|
  2. Game -GBA-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] YU YU HAKUSHO: TOURNAMENT TACTICS

GBA 「YU YU HAKUSHO: TOURNAMENT TACTICS」
Release Date:Nov 18, 2004
924120_front.jpg

「幽☆遊☆白書」という題材を使ってゲームを作るとほとんどの場合アクション系のジャンルになりがちだがこのゲームは珍しくシミュレーションゲームとして作られている。
20060928195704.jpg

ストーリーは会話がメインで進みその間に戦闘があるシンプルな作りになっている。
20060928195712.jpg

ゲームシステムはいたって普通なのでとっつきやすい反面「幽☆遊☆白書」である必要が感じられない出来になっている。
20060928195721.jpg 20060928195730.jpg

北米版
関連記事
  1. 2006/09/28(木) 20:16:40|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[PS2] CLOCK TOWER 3

PS2 「クロックタワー3」の海外版「CLOCK TOWER 3」
Release Date:Mar 18, 2003
476762_front.jpg

カプコンから発売されたため操作系が「バイオハザード」のようになったことで従来の「クロックタワー」らしさが失われたうえにそもそも逃げる恐怖も無くなってしまっていた。

カプコンは「バイオハザード」シリーズは雰囲気が損なわれるのを考慮して英語音声で一貫しているがなぜかこのゲームは海外が舞台にもかかわらず音声が日本語のため雰囲気が台無しになっている。

海外版は音声が英語に吹き替えられたことで少なくともゲーム性は別として雰囲気がブチ壊しということだけは無くなっている。

日本版
関連記事
  1. 2006/09/27(水) 20:07:52|
  2. Game -PlayStation 2-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[XBOX] SAMURAI SHODOWN V

XBOX 「SAMURAI SHODOWN V」
Release Date:Jan 18, 2006
920524_54228_front.jpg

日本ではPS2なのにPS時代に戻ったかのような読み込みの長さを体感できた「サムライスピリッツ零」だが北米ではPS2で発売されなかった代わりにXBOXで発売されている。

さすがにXBOXだけあってPS2のような読み込みの長さは解消されているがPS2版同様に読み込み画面が存在するため体感より長く感じるだろう。

ちなみに欧州版はPS2で発売されているがなぜかメディアがDVDではなくCDに変更されている。

北米版
関連記事
  1. 2006/09/27(水) 03:46:02|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

[GBA] DRAGON BALL: ADVANCED ADVENTURE

GBA 「ドラゴンボール アドバンス アドベンチャー」の海外版「DRAGON BALL: ADVANCED ADVENTURE」
Release Date:Jun 6, 2006
924062_72632_front.jpg

テキストやボイスが英語に変更されているのは当然なのだが何故かオープニングのBGMがオリジナルのものに変更されている。

北米アニメ版では「摩訶不思議アドベンチャー!」が英語バージョンでオープニングに使用されているのでゲームでの変更理由が判らない。
20060926055942.jpg 20060926055951.jpg 20060926060001.jpg

韓国版も発売されているがBGM・音声共に日本版と同じでテキストのみハングル語に変更されている。
20060926070601.jpg 20060926070619.jpg 20060926070651.jpg

日本版

北米版
関連記事
  1. 2006/09/26(火) 06:15:59|
  2. Game -GBA-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

馬鹿丸出し

HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP案の定いきなりトーク途中から始まったよ
まったく流れが理解できませんが
これでどう楽しめと?・・・・関西テレビよ
関連記事
  1. 2006/09/25(月) 20:06:24|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカンテ~レ

朝も書いたが関西テレビではHEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPが今現在放送されていない

HEY!HEY!HEY!を見たい視聴者からすればこんな中途半端なモン見たくないわけで中途半端な放送して誰に見てもらいたいのかが全く理解できない
関連記事
  1. 2006/09/25(月) 19:15:49|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱ馬鹿だな関西テレビって

フジテレビではHEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPが今夜は生放送で19:00からの放送だが関西テレビはローカル番組(もちろん生ではない)を優先する為に生放送にも係わらず20:00からになっている

常識的に考えて生放送の番組を途中から見せられても視聴者は納得できないのが分かってないのかこの局は・・・

いい加減にしてもらいたい
関連記事
  1. 2006/09/25(月) 07:15:28|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] KINGDOM HEARTS: CHAIN OF MEMORIES

GBA 「キングダムハーツ チェインオブメモリーズ」の海外版「KINGDOM HEARTS: CHAIN OF MEMORIES」
Release Date:Dec 7, 2004
919011_front.jpg

海外版なのでPS2版同様にテキスト・音声は英語になっている。
20060925043614.jpg

もちろんエンディングで流れる宇多田ヒカルの「光」も英語バージョンの「Simple And Clean」に変更されている。
20060925043624.jpg

日本版

北米版
関連記事
  1. 2006/09/25(月) 04:53:27|
  2. Game -GBA-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] Shinchan Aventuras en Cineland

GBA 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶシネマランドの大冒険!」の海外版「Shinchan Aventuras en Cineland」
Release Date:Dec 2, 2005
Caratula_Shinchan_Aventuras_En_Cineland.jpg

ヨーロッパ圏で発売されている欧州版だが吹き替えの言語を固定できない処置のためか日本版で声優によって声が出ていた部分はすべて音声なしになっている。

そのため日本版と比べ携帯ゲーム機でここまで喋るという驚きがなくなった事で普通のアクションゲームという印象しか受けない。
20060925042106.jpg

日本版
関連記事
  1. 2006/09/25(月) 04:34:40|
  2. Game -GBA-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GBA] CAPCOM CLASSICS MINI MIX

GBA 「CAPCOM CLASSICS MINI MIX」
Release Date:Sep 19, 2006
933094_75668_front.jpg

PSP・PS2・XBOXで発売されている「CAPCOM CLASSICS」シリーズのGBA版だがゲームボーイアドバンスなので同じようにアーケード版タイトルを収録できる筈もなくNES版ロムの収録になっているが本体性能が低いということを差し引いても収録タイトルが少なすぎボリューム不足な印象を受ける。
20060925034314.jpg

収録タイトルは「STRIDER(ストライダー飛竜)」、「MIGHTY Final Fight(マイティファイナルファイト)」、「BIONIC COMMANDO(ヒットラーの復活 TOP SECRET)」の3本のみとなっている。
20060925034329.jpg 20060925034337.jpg 20060925034344.jpg

しかし日本で発売されている安易なファミコンの移植モノのゲームに多い画面比率の無視で文字が潰れて読めないということはなく「ファミコンミニシリーズ」のように調整されているので移植度としては申し分ない出来になっている。

北米版
関連記事
  1. 2006/09/25(月) 03:56:46|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[SCD] SAMURAI SHODOWN

SEGA-CD 「SAMURAI SHODOWN」
Release Date:1993
587991_49880_front.jpg 20060923161642.jpg

日本でもMEGA-CD「サムライスピリッツ」は発売予定があり「餓狼伝説スペシャル」と共に雑誌の情報や広告ページにも載っていたが時期的にメガドライブが終焉に向かっていたこともあり結局「サムライスピリッツ」のみ発売されす海外のみで発売された。

内容はCDになって容量に余裕ができた事でオープニングもちゃんと再現されている。
20060923161611.jpg

そしてロム版よりキャラパターンも増え、よりNeoGeo版に近付いたが本体性能からかアースクェイクは削除されている。
20060923161701.jpg 20060923161716.jpg

読み込みも短めでテンポよく進める事ができ勝利デモもロム版と違いNeoGeo版が忠実に再現されている。
20060923161734.jpg
関連記事
  1. 2006/09/23(土) 16:48:56|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関西のテレビ局はアフォですか?

今回の「うたばん」も本来「とくばん」として2時間のはずが短縮されていた
もういいかげんローカル番組優先して本来の番組を改悪しないでもらいたい

ほかの局もそうだが深夜枠のバラエティなんかも平気でひと月近く遅れて放送するのもいいかげん改善してもらいたい
関連記事
  1. 2006/09/21(木) 21:33:29|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[SNES] ULTRAMAN: TOWARDS THE FUTURE

SFC 「ウルトラマン」の海外版「ULTRAMAN TOWARDS THE FUTURE」
Release Date:1991
588821_40477_front.jpg 20060920180540.jpg

タイトルは「ULTRAMAN」となっているが純粋に日本版「ウルトラマン」を海外用に移植したものではない。

「ULTRAMAN(ウルトラマン)」なので変身シーンは勿論ある。
左:日本版 右:海外版
20060920180828.jpg 20060920180842.jpg

海外版は着地してからのバストアップも追加され迫力が増している。

最初のステージから既にこれだけ雰囲気が違っている。
20060920180931.jpg 20060920180948.jpg

通常技もウルトラマンが使わないようなソバットを繰り出すなどして日本版のイメージとはかけ離れた攻撃をする事ができる。
20060920181040.jpg

日本版
関連記事
  1. 2006/09/20(水) 18:19:30|
  2. Game -SNES-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[SNES] SECRET of EVERMORE

SNES 「SECRET of EVERMORE」
Release Date:October 1995
588645_40377_front.jpg 20060920164931.jpg

海外では「聖剣伝説2」が「SECRET of MANA」として発売されていてタイトルからも判るようナンバリングはされずそれぞれ独立した作品となっていたためか海外では「聖剣伝説3」は発売されていない。

その代わりなのか日本未発売で「聖剣伝説」シリーズのシステムを流用して作られた「SECRET of EVERMORE」が発売されている。
20060920164951.jpg

北米版
関連記事
  1. 2006/09/20(水) 17:05:49|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[SNES] FINAL FANTASY II

SFC 「ファイナルファンタジーIV」の海外版「FINAL FANTASY II」
Release Date:1991
522596_28412_front.jpg 20060919185745.jpg

今でこそ海外版も日本版と同じナンバリングでカウントされているが発売当時は海外でNES(ファミコン)版の「II」・「III」が発売されてなかったのでその分タイトルナンバーが繰り上げられていた。

つまり、タイトルは「II」となっているが日本版の「IV」の海外移植版になる。

ただし純粋に通常版の英語化ではなくイージータイプがベースで
バロンの町に初心者の館が追加されている
セーブポイントは魔方陣ではなくSマークになっている
同じ系統の魔法はCure(ケアル)1,2,3のように数字でまとめられ削除された魔法がある
などになっている。

イージータイプをベースにしているとはいえ多少の違いはありラストダンジョンのボス手前にあったセーブポイントは削除されゼロムスの真の姿も通常版のほうが採用されている。
20060919191915.jpg
画像はネタばれ防止のためモザイク処理してあります。

日本版
関連記事
  1. 2006/09/19(火) 19:36:00|
  2. Game -SNES-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FATAL FURY 2

FC 「FATAL FURY 2」
20060917191432.jpg

「FATAL FURY 2(餓狼伝説2)」の非公式ファミコン移植版。

オープニングも再現されているがプレイキャラからジョー・ヒガシが削除されているので代わりに不知火舞に変更されている。
20060917191414.jpg

パチモノでは定番のキャラ数水増しのキャラクター選択画面だが容量に余裕があったのか同キャラでもバストアップのグラフィックが変更されている。
20060917191501.jpg 20060917191513.jpg

ファミコンという事を考えればグラフィックはいい感じだが技が出難くゲームにならなくなっている。
20060917191525.jpg
関連記事
  1. 2006/09/17(日) 19:26:53|
  2. Game -パチモノ-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[DC] SEAMAN

DC 「シーマン」の海外版「SEAMAN」
Release Date:Aug 9, 2000
92960-1.jpg

発売前は「シーマン」と会話ができる部分だけがクローズアップされて発売後に実は育成してある程度成長してからでないと会話できないシステムだったため成長させられずに挫折した人が多数いたゲーム。

システム的に目新しいこともあってか海外でも発売されている。

ゲームシステムが音声認識のため英語でやりとりする必要があり、ある程度の英語が理解できないとシーマンを成長させられたとしても会話もままならず楽しみは激減するのは言うまでもない。

なお海外版といってもシーマンの顔は日本版同様の日本人の標準的な顔のままなのでアメリカンな人面魚が出て来るわけではない。

日本版
関連記事
  1. 2006/09/17(日) 18:07:20|
  2. Game -Dreamcast-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

餓狼伝説SPECIAL

FC 「餓狼伝説SPECIAL」
20060916062629.jpg

パチモノではよくある元のハードスペックの違いを考慮していないNeoGeoからの非公式移植版。

キャラ選択画面を見るとオリジナル版よりも多いキャラ数に見えるが実際はアイコンのグラフィックが違うだけで8人しかいないが1人用で始めるとこのアイコン分のキャラと闘わなければクリアできなくなっている。
20060916062644.jpg

画面の再現度もなかなかで技も出やすくプレイできるレベルになっている。
20060916062654.jpg
関連記事
  1. 2006/09/16(土) 06:36:12|
  2. Game -パチモノ-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真 SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変

FC 「真 SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変」
20060915230908.jpg

NeoGeoのファミコン移植モノは見た目のグラフィック再現度が高いがこの作品もなかなか頑張っている。

色数は少ないながらもきちんとプロローグも再現されている。
20060915230949.jpg

キャラ数は多そうだがパチモノ定番のダブりのため実際は9人しかいない。
20060915230935.jpg

ファミコンという事を考えれば対戦画面はキャラも小さいながら雰囲気は出ているし勝利画面もかなり似ている。
20060915231008.jpg 20060915231030.jpg 20060915231046.jpg
関連記事
  1. 2006/09/15(金) 23:26:47|
  2. Game -パチモノ-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DRAGON BALL Z 超武闘伝2

FC 「DRAGON BALL Z 超武闘伝2」
dbzs2a.jpg

スーパーファミコンの「ドラゴンボールZ 超武闘伝2」のファミコン移植版。
もちろん非公式なものなので本来、日本で発売されることはない筈だがなぜかメニュー画面などは日本語のままになっている。
dbzs2b.jpg

オリジナルに比べ選択できるキャラ数は減ったが画面構成などなかなか忠実に移植されている。
dbzs2c.jpg

さすがにファミコンなので必殺技を撃つときに距離が離れていても画面が切り替わる演出はなく普通の飛び道具の扱いになっている。
dbzs2d.jpg

対COMモードで全キャラ倒せばオリジナル版にもあった一枚絵が見られる。
dbzs2e.jpg
関連記事
  1. 2006/09/14(木) 21:37:37|
  2. Game -パチモノ-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[PS2] RED NINJA: END OF HONOR

PS2 「紅忍 血河の舞」の海外版「RED NINJA: END OF HONOR」
Release Date:Mar 30, 2005
919009_59230_front.jpg

日本版は声優に安達祐実を使ったやりこみ要素のない天誅の劣化版くらいの評価だったが海外版はXBOX版も発売されている。

海外版は音声は英語化されているが主人公は工藤夕貴が吹き替えをしている。
日本版との違いとして海外版は殺害方法によってきちんと人体切断表現(00:46と00:59くらい)がされるようになっている。

日本版

北米版
関連記事
  1. 2006/09/13(水) 02:52:16|
  2. Game -PlayStation 2-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DRAGON BALL Z 超武闘伝5

FC 「DRAGON BALL Z 超武闘伝5」
dbz5.jpg

非公式に発売されているパチモノソフトは基本的にネタレベルのものが多いがなかには煮詰めれば正規品として出せそうなものがあるがこのソフトも惜しいレベルのひとつになっている。

ファミコンの少ない色数ながらもプロローグのグラフィックレベルは高い。
dbz5c.jpg
ステージ1はサイヤ人編なのでプレイキャラはZ戦士だが全キャラは出ずこの3人になっている。
dbz5a.jpg

中ボスにラディッツとナッパが出てくるがナッパにはセリフが無くちょっと強い雑魚のような扱いになっている。
もちろんステージボスにはべジータが待っている。

dbz5d.jpg

ステージクリアでデモが入りストーリーが解説される。
dbz5e.jpg

ステージ2以降はべジータもプレイキャラに加わり使用可能になる。
dbz5b.jpg
関連記事
  1. 2006/09/12(火) 19:31:18|
  2. Game -パチモノ-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[NES] GODZILLA 2: WAR OF THE MONSTERS

NES 「GODZILLA 2: WAR OF THE MONSTERS」
Release Date:February 1992
587310_39580_front.jpg Godzilla2.jpg

日本でも発売予定はあったが結局発売されず海外のみで発売されている。

前作ではゴジラを操作したが今作は人間側視点でゴジラを含めた怪獣と戦うシミュレーションゲームになっている。
Godzilla2p.jpg

選べるシナリオは12本あり、どのシナリオからでも始められる。
Godzilla2sc.jpg

マップもオーソドックスだが戦闘画面も派手さは無くいまひとつゴジラの迫力が伝わってこない。
Godzilla2map.jpg Godzilla2vs.jpg
関連記事
  1. 2006/09/12(火) 06:02:22|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BIO HAZARD

FC 「BIO HAZARD」
bio_0.jpg

パチモノではもはや当たり前になっている元ハードのスペック無視した移植ゲームだが元がポリゴン仕様のPS「バイオハザード」までも発売している。

ファミコンでポリゴンが使用できる訳もないので2Dドットだがなかなかの再現度で移植されている。

オープニングも可能な限り再現されていて、いきなり洋館内から始まったりしなくなっている。
bio_1.jpg

ステータス画面やマップも再現されている。
bio_2.jpg bio_3.jpg bio_4.jpg

戦闘は下のメーターの黄色マークが左右に移動しているので緑の枠内に入ったときにボタンを押せば成功で真ん中の赤に近いところに止められればより多くのダメージを与えられるようになっている。
リスクを伴うが敵に近いほど枠は広くなり有利になる。
bio_5.jpg

ただこのシステムはGB「バイオハザード GAIDEN」と同じなので目新しさはない。
bio_6.jpg
関連記事
  1. 2006/09/11(月) 21:43:38|
  2. Game -パチモノ-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 次のページ

カウンター

現在の閲覧者数:

現在の時間

Since 2006.06.14

プロフィール

N@oki ♂

Author:N@oki ♂

カテゴリー

ブログ内検索

Amazon サーチボックス

おすすめゲーム

おすすめ書籍

おすすめDVD/Blu-ray

おすすめ総合

楽天市場 検索窓

楽天で探す
楽天市場

楽天売れ筋ランキング

PLAY-ASIA.COM

日本、北米、韓国、アジア版購入可能

Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!

↑ PLAY-ASIA.COM内検索 ↑

Vita 新作

PSP 新作

PS4 新作

PS3 新作

3DS 新作

DS 新作

NS 新作

Wii U 新作

Wii 新作

XBOX One 新作

XBOX360 新作

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ +

2019年 11月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【3件】
2018年 06月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 07月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【8件】
2010年 09月 【9件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【17件】
2010年 01月 【10件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【21件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【13件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【9件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【34件】
2008年 01月 【21件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【14件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【20件】
2007年 05月 【15件】
2007年 04月 【12件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【23件】
2006年 10月 【33件】
2006年 09月 【43件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【35件】
2006年 06月 【22件】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 アクセスランキング

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へblog Ranking

RSSフィード