現実☆逃避行 -Don't think.FEEL-

海外仕様に変更されたゲームの日本版と比較したレビューなんかを中心に書いてます

[GB] Pokemon YELLOW VERSION: Special Pikachu Edition

GB 「ポケットモンスター ピカチュウ」の海外版「Pokemon YELLOW VERSION: Special Pikachu Edition」
Release Date:Oct 19, 1999
198314_26298_front.jpg
日本版はスーパーゲームボーイ以外の本体(ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス)だと単にモノクロソフトをカラー化したときと同等の配色になってしまっていたが海外版は「ゲームボーイ&カラー共通」ソフトとして発売されている。
poke_pika_gbc.jpg
そのため海外版はゲームボーイカラーで起動した場合もスーパーゲームボーイ同様の配色でプレイできるようになったが外で遊ぶ際の太陽光などを考慮してか色合いは濃い目となっている。

左:Game Boy Color 右:Super Game Boy
poke_sgb_gbc.jpg

日本版

海外版
関連記事
  1. 2012/08/30(木) 20:12:50|
  2. Game -その他の本体-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GB] DONKEY KONG LAND III

GBC 「ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング」の海外版「DONKEY KONG LAND III」
Release Date:October 1997
564414_45627_front.jpg
他の「Donkey Kong Country (スーパードンキーコング)」シリーズのゲームボーイ移植版は
Donkey Kong Land (スーパードンキーコングGB)
Donkey Kong Land 2 (ドンキーコングランド)
Donkey Kong Country (ドンキーコング2001)
とタイトル名が違う程度で特に内容に差はなかったが今作のみ海外版はスーパーゲームボーイ対応のモノクロソフト、日本版はゲームボーイカラー専用ソフトとグラフィックに使用出来るカラー数が違うため日本版の方が圧倒的に綺麗な画面でプレイ可能となっている。

左:海外版 右:日本版
dkgb.jpg

日本版

海外版
関連記事
  1. 2012/08/27(月) 20:06:35|
  2. Game -その他の本体-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[SNES] CONGO'S Caper

SFC 「戦え原始人2 ルーキーの冒険」の海外版「CONGO'S Caper」
Release Date:May 1993
563542_45541_front.jpg
あまりにも一作目の「Joe & Mac (JOE & MAC 戦え原始人)」とは見た目、ゲーム内容が違いすぎるためか海外では続編ではなくオリジナルタイトルとして発売されている。

日本版
関連記事
  1. 2012/08/26(日) 23:08:33|
  2. Game -SNES-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GB] Fist of the North Star: 10 BIG BRAWLS FOR THE KING OF U​NIVERSE !

GB 「北斗の拳 凄絶十番勝負」の海外版「Fist of the North Star: 10 BIG BRAWLS FOR THE KING OF U​NIVERSE !」
Release Date:April 1990
585712_38594_front.jpg
元々、日本版がテキストメッセージに英語を使用していた事もあり特にローカライズもされずキャラクター名もそのままとなっている。
ただし、タイトル画面のみ新規でグラフィック付きのものが作成されている。
fotns_U.jpg

日本版
関連記事
  1. 2012/08/24(金) 23:55:50|
  2. Game -その他の本体-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[GG] DOUBLE DRAGON

GG 「DOUBLE DRAGON」
Release Date:1993
586678_39148_front.jpg
パッケージ画像こそアーケード版のものが使われているがゲーム内容はゲームギアオリジナルとなっている。
同じ携帯機で発売されたゲームボーイ版「Double Dragon (ダブルドラゴン)」はアーケードの雰囲気が再現できていたがこのゲームギア版は発売メーカーが違うためか「ダブルドラゴン」ではなく「ベア・ナックル」に近い操作性で別のゲームとなってしまっている。
関連記事
  1. 2012/08/11(土) 15:09:41|
  2. Game -日本未発売-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BS日テレ見てはいけないTV2012が別の意味で怖い

昨今では夏でもほとんど放送されなくなったジャンルの怪談物と言う事で期待しBS日テレで9日から始まった「見てはいけないTV2012」を録画してたのを見たんだけど酷い。

30分番組で内訳は
・稲川淳二が体験談を語る「稲川淳二の絶叫夜話」
八王子の首無し地蔵
心霊スポットのロケ後スタッフが事故にあったが実は悪ふざけで地蔵を触ったため祟りで友人を名乗る何者かに電話で呼び出されたのが原因という内容

・心霊写真を分析する「ほんとにあった心霊写真」
体の一部が変に写り後日その箇所を怪我したという内容

・怪談の再現ドラマ「もっとあなたの知らない世界」
黒猫の呪い
死んだ黒猫が取り憑いてしまったという内容

この構成で全ての内容がベタで新鮮味もゼロなんだけど3つ目の再現ドラマが特に酷く

投稿者(女性)の妹がどこからか黒猫を拾ってきて親に内緒で飼うのに協力してほしいと言われ猫好きではない投稿者は渋々協力するが後日家で彼氏と居るときに彼氏が黒猫を見つけ猫にうつつをぬかすため投稿者は嫉妬で猫の入っているダンボールのフタを閉め布団を被せたがその直後に猫が奇声を発し死亡。
投稿者は証拠隠滅のため妹に内緒で死体を埋葬するが猫が居なくなった事を妹に追及され結局白状し死体を埋葬した所に連れて行くが何故か死体はなくなっている。
それから妹が猫に憑かれたかのような猫っぽい行動を取るようになるが妹はどうなってしまったのか。アレは本当の彼女?猫が取り憑いてしまったの?というオチなんだけど出ている役者の演技力が低く特に肝である猫に取り憑かれた演技がほんとうにただ猫の行動を表面上物真似してるだけで何も恐怖感が表せてなく見ているコッチとしては失笑するしかなかったのには参った。

というかこのドラマで一番怖かった部分は投稿者が隠滅をするために猫の埋葬を自分の家の庭ではなく
公共の場である公園の花壇に埋めたシーンだろう
猫の呪いをアピールしたいため特に注意を促すようなテロップもなくこの行動が犯罪であることをスルーしているスタッフのモラルの無さが一番怖かった。

関連記事
  1. 2012/08/11(土) 14:02:35|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

カウンター

現在の閲覧者数:

現在の時間

Since 2006.06.14

プロフィール

N@oki ♂

Author:N@oki ♂

カテゴリー

ブログ内検索

Amazon サーチボックス

おすすめゲーム

おすすめ書籍

おすすめDVD/Blu-ray

おすすめ総合

楽天市場 検索窓

楽天で探す
楽天市場

楽天売れ筋ランキング

PLAY-ASIA.COM

日本、北米、韓国、アジア版購入可能

Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!

↑ PLAY-ASIA.COM内検索 ↑

Vita 新作

PSP 新作

PS4 新作

PS3 新作

3DS 新作

DS 新作

NS 新作

Wii U 新作

Wii 新作

XBOX One 新作

XBOX360 新作

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ +

2019年 11月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【3件】
2018年 06月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 07月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【8件】
2010年 09月 【9件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【17件】
2010年 01月 【10件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【21件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【13件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【9件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【34件】
2008年 01月 【21件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【14件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【20件】
2007年 05月 【15件】
2007年 04月 【12件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【23件】
2006年 10月 【33件】
2006年 09月 【43件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【35件】
2006年 06月 【22件】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 アクセスランキング

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へblog Ranking

RSSフィード