現実☆逃避行 -Don't think.FEEL-

海外仕様に変更されたゲームの日本版と比較したレビューなんかを中心に書いてます

[PS2] DRAGON BALL Z: INFINITE WORLD

PS2 「DRAGON BALL Z: INFINITE WORLD(ドラゴンボールZ インフィニット ワールド)」北米版のプレイ感想
Release Date:Nov 4, 2008
952548_111419_front.jpg Nov09_112053.jpg
ネタばれを含んでいます12月発売の日本版待ちの人はスルー推奨

この記事内の前作はディンプス版の事でスパイク版「BUDOKAI TENKAICHI(スパーキング!)」シリーズは含んでいません。

前作「DRAGON BALL Z: BUDOKAI 3(ドラゴンボールZ3)」までは北米版はオープニングはインスト(一作目のZ除く)、音声は英語のみとなっていたが今回オープニングも日本版同様ボーカルあり、ボイスも日本語収録でオプションで英語との変更可能となっている。

パッと見は前作からなんら変わっていない様に見える(実際、前作までの既存キャラグラフィック、ステージ、BGMは使いまわしのためほぼ同じ)がプレイした感じは究極技の演出がZ3に戻ったPSP版といった感じ(実際は基本的な操作法はZ3踏襲のためあくまで雰囲気的にってレベルだが)になりキャラによっては通常技のモーションも変更されたほか前作にあったドラゴンラッシュの削除、究極技の発動条件変更など遊びやすさは改善されている。

ドラゴンラッシュがなくなったことによって一部止めに必殺技を使っていたキャラはその技が究極技に格上げされている。
例えばピッコロの場合は今まで通りの魔空包囲弾と魔貫光殺砲が究極技として使えるようになった。
Nov09_112114.jpg
モードはZ~GT+αの物語が体験できるストーリーモード「Dragon Mission」、対戦モード「Dragon Duel」、プラクティスモード「Warrior's Training」、キャラ&スキルの購入、編集「Warrior's Room」、オプション「Options」、決められたキャラと闘っていく「Fighter's Road」となっていて最後の「Fighter's Road」は最初選べずショップで購入する必要がある。


ただ悪いところのほうが多くとにかくPVや公式サイトで散々アピールしている今回の売りの部分がことごとく酷い出来になっている。

-戦闘以外もドラゴンボールの世界を体験-
要はミニゲームなのだがこれが面白くなく一部ストーリー上必須のためクリアできないと進めなくなるなど足かせにしかなっていない。まあ難易度そのものは簡単なのでそれが救いと言えるがサブストーリーも制覇する場合は結局全てプレイするはめになる。

-適当再現-
ところどころで名シーンがCGムービーで再現されているがとにかく端折りすぎ&適当。服装が違うのもどうかと思うがそれよりも問題なのがキャラの状態の再現度の低さ。

-新キャラと削除キャラ-
集大成をうたっておきながらキャラ数はZ3とほぼ同じでさらに削除されたキャラが居るのが理解に苦しむ。

今回追加された新キャラは孫悟空(GT)、べジータ(GT)、グレートサイヤマン2号、パン、スーパーベビー2、スーパー17号、ジャネンバ、パイクーハン

前作から削除されたキャラは界王神、セルJr.、ウーブ、少年孫悟空、ピッコロ大魔王(ピッコロの別カラー)
まあ、ゲーム内容がZ~GTの物語なので後者二人の削除は譲るとしても前者を削除する意味が分からない。特にウーブの場合普通に考えて前作の少年ウーブはもちろんGTの青年バージョンも入れて当然だと思うが。

-キャラ、技、アイテムの入手法-
前作までと違いキャラ、技、アイテムの入手法がショップでの購入かドラゴンボールを集めて願いで入手するしかなくなっている。しかも前作と違いドラゴンボールでしか入手できないスキルなどはないためあくまで所持金が少ないときの補助で使うくらいしか使い道がなくなっている。ただ一部アイテムに関してはストーリーなどを進めないと出現しないようになっている。

-技、アイテムのランク制-
今回一つの技やアイテムが数段階パワーアップするようになっていてランクが上がれば比例して威力が上がるがもちろん同じアイテムでも買うほどに価格は上がっていく。そのため前作以上にゼニー稼ぎの作業化。

-コスチューム-
これもショップで購入して入手するがPVではかなりの数があるように錯覚させるナレーションだが実際は数キャラ(孫悟空(Z)、孫悟飯(幼少期)、孫悟飯(青年期)、べジータ(Z)、トランクス(青年)、クリリン、ピッコロ、ヤムチャ、18号、孫悟空(GT)、べジータ(GT))に1つか2つ程度でほとんどが前作での3Pカラー。つまり前作では普通に選べたものがデフォルトでは選べなくなったということ。悟空(Z)のみ7つと多くなっているが胴着のマーク違いで水増ししているだけ。

-露骨な使いまわし-
既存キャラの究極技は当然としてせっかく追加されたGT編の悟空とべジータでもそれぞれのZ編と同じ。ニコニコにUPした動画を見れば分かるが悟空は通常状態は元気玉、スーパーサイヤ人&3では龍拳、べジータはビッグバンアタックでモーションまで同じなうえべジータはボイスも使いまわしときている。

ステージの追加はなし、BGMは一応新規のものもあるが大多数が前作までの使いまわしとなっていてそれを誤魔化すためか戦闘以外で使われていたBGMも戦闘時に流れるようになった。


北米版は一月ほど先行して発売されたが日本版と欧州版も来月にほぼ同時発売予定なので出そうと思えば「Dragon Ball Z: Burst Limit(ドラゴンボールZ バーストリミット」のときのようにほぼ世界同時発売できたと思うがやはりその辺は市場優先なんだろう。

ただ、ほぼ同時発売ながら欧州版は北米版同様音声は二ヶ国語収録されると思うが日本版に限っては今までどおり日本語のみになるのは確実だと思うのである意味一番損なバージョンかもしれない。


裏技というか小ネタ 楽にゼニーを稼ぐ方法。
先述しているように今回はキャラ、技、アイテム収集にはゼニーが重要なのでお手軽な方法を紹介。
まずショップで難易度を購入しZまで選べるようにしておく。
「Dragon Mission」を二週目まで進めて魔人ブウ編で自分(18号)COM(サタン)のサブミッションを出現させる。このミッションはサタンにリングアウトさせればいいだけなので開始後リング端に行けば早ければ数十秒で終了可能。
難易度Zの場合一度に60,000ゼニーもらえるのでこの方法を繰り返しあとは一度に所持できる最高額の999,900ゼニーまで貯めたらショップでゼニーがなくなるまで買えるだけ購入。

日本版

Play-Asia.comで北米版を買う
Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!
関連記事
  1. 2008/11/11(火) 06:12:05|
  2. ぷれ~しての感想など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[PS2] THE KING OF FIGHTERS COLLECTION: The Orochi Saga | ホーム | ニコニコ動画(秋)に動画をUP その22>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://gamebanashi.blog.fc2.com/tb.php/501-3be3a880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カウンター

現在の閲覧者数:

現在の時間

Since 2006.06.14

プロフィール

N@oki ♂

Author:N@oki ♂

カテゴリー

ブログ内検索

Amazon サーチボックス

おすすめゲーム

おすすめ書籍

おすすめDVD/Blu-ray

おすすめ総合

楽天市場 検索窓

楽天で探す
楽天市場

楽天売れ筋ランキング

PLAY-ASIA.COM

日本、北米、韓国、アジア版購入可能

Play-Asia.com - コンソール、PC対応ビデオゲームを購入-日本、韓国、その他の地域発!

↑ PLAY-ASIA.COM内検索 ↑

Vita 新作

PSP 新作

PS4 新作

PS3 新作

3DS 新作

DS 新作

NS 新作

Wii U 新作

Wii 新作

XBOX One 新作

XBOX360 新作

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ +

2019年 11月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【3件】
2018年 06月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【5件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 07月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【8件】
2010年 09月 【9件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【17件】
2010年 01月 【10件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【21件】
2008年 08月 【7件】
2008年 07月 【13件】
2008年 06月 【7件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【9件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【34件】
2008年 01月 【21件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【14件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【20件】
2007年 05月 【15件】
2007年 04月 【12件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【23件】
2006年 10月 【33件】
2006年 09月 【43件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【35件】
2006年 06月 【22件】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 アクセスランキング

ブログランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へblog Ranking

RSSフィード